樹脂含浸織物やフィルム樹脂含浸注入織物の成形は真空バッグ状態で、通常オーブンまたはオートクレーブ中で、高温および真空圧を適用する必要があります。

なぜ真空バギングを使用するのでしょうか? 真空バッグでも、複雑な形状への圧力が適用されます。1平方インチあたり気圧14.7ポンド(2000ポンド平方フィート当たり)を適用することが可能です。加圧されたオートクレーブ容器内のこの圧力はさらに大きなレベルまで拡大して表示できます。この予測可能で一貫した圧力アプリケーションはラミネート及びサンドイッチパネル構造を統合しています。

:エアテックは、真空バッグ材料、オートクレーブとオーブン内の機器に必要な硬化型のものを含む幅広い範囲の製品を提供します:

  • バギングフィルム
  • 真空バッグシーラントテープ
  • 離型フィルムとブリーダ
  • リリースファブリックとピールプライ
  • ブリーザーと吸収材
  • 感圧テープ
  • 真空継手とアクセサリ
  • 離型材(非液体)
  • ラバ-
  • 金型
  • 樹脂注入
  • その他色々

 

プロセスの信頼性やコスト効率性を確保するために、包括的に品質が保証されかつパフォーマンスに合った材料が提供されています

 


Project Image Project Image

ダウンロードするには、セレクター·ガイドを選択してください: