CEO

おかげさまでこの度、創立以来の家族経営のもと46周年を迎えることができました。

その間、私たちは創業時の主要分野であるメタルボンディングから、ファイバーグラスやケブラー、そしてカーボンファイバーに至る先進複合材へと様々な業界の変化を目の当たりにして参りました。当初、当社の事業はほぼ100%がエアロスペース業界であり、現在もエアロスペース部門が最も大きな割合を示しています。しかしながら現在はエネルギー、自動車、海洋、建設分野へも進出し、全ての業界を通してコンポジットツールビジネスは当社の事業の大部分を占めています。そして、今後このビジネスもまた変化し続けていくことでしょう。

現在の当社は数年前とはまるで違う会社といっても過言ではありません。

お客様は当社を単なる製品供給者ではない、テクニカルパートナーとして求めており、当社はソリューションの提供者として評価を得てまいりました。一例として、コンポジット製造に携わる人員を削減したいというご相談を頂いた際は、当社はあらかじめ顧客要望に合わせて製品をカスタマイズサイズ・カスタマイズセットにすることで箱から取り出したまま使用できる、バッキュームバッグ製品を供給するという解決法を提案する為に、多額の投資をしてカスタムキッティングセンターを創設しました。これによりコンポジットパーツの積層作業に関わる人員が削減でき、これが工程上のミスの削減による品質の向上につながりました。さらに、廃棄物を減らし生産性を上げるという結果にもなりました。世界ヶ国にある当社の工場は現地で各エリアに直結したサービスを確実に提供することができています。

Airtechには勤続25年以上の従業員が多数働いております。一方で、当社は若年層や向上心の高い人など、次の46年を担う人たちの雇用も行っています。また、ファミリーメンバーの3代目達は、当社のビジネスに大きく関わっており、最新のテクノロジーを駆使し当社製品の手配や製品について学びつつ、新しいビジネスの方法を熱心に提案しています。

皆様のサポートのおかげで、当社はコンポジット業界のリーダーになることができました。

お客様のために当社にできることを今後も引き続き模索してまいります。

敬具

Jeff Dahlgren
代表取締役社長(CEO ジェフ・ダレン