CA1714.43

エアテックは、エアテックサプライチェーンでの基本的な労働条件と人権のため、およびエアテックのサプライチェーン内での人身売買と奴隷労働のリスクを減らすために、2012年1月1日より次のような処置をとっています。

(1) 以下に示されるように、当社はエアテックの直接的なサプライチェーンに対し人身売買や奴隷労働のリスクについて評価, 検証を行っています。

  • 検証は第三機関にではなく、エアテックにより行われています
  • エアテックは定期的にエアテックのTier1サプライヤの代表会社の訪問を実施していますそうした現地訪問を行うエアテック社員はエアテックサプライチェーンにおける人身売買や奴隷労働のリスクを評価するための訓練を受けています。
  • そのような証拠が発見された場合、エアテック社員はその結果を管理者に報告します。

(2) エアテックは人身売買や奴隷労働に関するサプライヤの基準にサプライヤが従っているかどうか評価するために監査を行うことはありません。

  • 本開示の項目(1)および(3)に示されている通りに証明の必要は生じます。
  • エアテックは独自に予告なしに監査を行うことはありません.

(3) エアテックはサプライヤにその国における、または事業を行っている国においてのエアテックに持ち込む製品や組み込まれた材料が人身売買や奴隷労働に関する法律に従っていることを認証するようサプライヤに要求することはありません。しかしながらエアテックは人権に関連し、人身売買と奴隷労働を撲滅する適用可能な法規や,行政規則とのサプライヤコンプライアンスを必要とする直接のサプライヤとの契約外注に,法律条項とのコンプライアンスを含めています。

  • とりわけ人権に関して当社は、サプライヤとの間に「CERTIFICATION CA1714.43」という別個の明確な契約を含めています。

(4) エアテックは人身売買と奴隷労働に関する基準を満たすことができなかった従業員または契約者に対する内部責任基準および手順を整備しています。エアテックサプライチェーンにおける基本労働条件と人権保証に関して2012年1月1日に

  • 当社はエアテックのために業務を行う人員の雇用契約のために、同様の「非従業員行動規範」を採択し施行しています。.
  • 行動規範要求と一致していることがエアテック従業員に期待されます。これらの要求を違反した場合は適切な是正処置がとられます。

(5) エアテックでは従業員およびサプライチェーン管理に直接に責任を負った、とりわけ製品のサプライチェーン内でのリスクを軽減する点で責任のある経営者に対し、人身売買と奴隷労働に関する訓練を施しています。

  • エアテック経営陣はサプライチェーン経営の直接責任を負っているエアテック従業員に対し、意識訓練を実施しています。
  • そうしたエアテック従業員はエアテックサプライチェーンにおける人身売買や奴隷労働のリスクに関して少しでも懸念がある場合はマネージャーに知らせるよう指示されています。