メインコンテンツに移動

Airtech Advanced Materials Group による新しい技術と10’x40’(約3mx12m)のLSAM 3D プリントマシンへの投資

世界最大の真空バッグ及び複合ツール材料メーカーであるAirtech Advanced Materials Groupは、新技術の機械加工機能を兼ねそろえた大型 (LSAM)3Dプリントマシンへ投資してきました。LSAMは約50年の経験を持つAirtech社のコア・コンピタンスである熱可塑性押出成形を基にしており、従来の方法に比べて設計から製造現場までの時間を大幅に短縮することができます。3D積層技術ではこれまでの治具での作業で必要とされた材料とほぼ同量の分量を要する一方、タッチ作業が減り、リードタイムの短縮につながります。Airtechは、3D積層技術は特に航空機分野において、金型製造の世界に大きな変革をもたらすと信じています。トリミング成型治具、保持治具、積層用治具などの大型治具でも、品質に妥協することなく、設計、加工、積層することができます。

Airtechはテネシー州スプリングフィールドにあるカスタマイズ製品専門工場にて60,000ft²(5,574m²)拡張のための投資を行いました。「Airtechは45年以上にわたり押出成形品の製造を行ってきましたが、次のステップとして3D積層技術、3Dプリントを含む押出成形品の製造に着手する準備が整いました。このタイプの押出成形品は現在当社がフィルムで行っているものと似ていますが、今後は最大40フィートまでの大規模な内部加熱(OOA)を伴う新しいツーリングを作成するために使用される予定です。我々はパートナー企業のコスト削減と生産性向上を支援するために、この新しい技術を開発しています。」とAirtech Advanced Materials Groupの社長兼CEOであるJeff Dahlgrenは述べています。

Airtechはテネシー州スプリングフィールドにあるカスタマイズ製品専門工場にて60,000ft²(5,574m²)拡張のための投資を行いました。「Airtechは45年以上にわたり押出成形品の製造を行ってきましたが、次のステップとして3D積層技術、3Dプリントを含む押出成形品の製造に着手する準備が整いました。このタイプの押出成形品は現在当社がフィルムで行っているものと似ていますが、今後は最大40フィートまでの大規模な内部加熱(OOA)を伴う新しいツーリングを作成するために使用される予定です。我々はパートナー企業のコスト削減と生産性向上を支援するために、この新しい技術を開発しています。」とAirtech Advanced Materials Groupの社長兼CEOであるJeff Dahlgrenは述べています。